忍者ブログ

ナナとジャズ、そして時々宇宙人

ウチュウカラキマシタ、そう聞こえる。

ニューヨーク旅行記(マンハッタン編)

2017/10/18(Wed)03:15

おパグさんたちにはお留守番をお願いし、飼い主はニューヨークの妹ファミリー宅へバケーションに出かけてきましたョ。(前回のニューヨーク旅行記はこちらから
 
カナダのサンクスギビングはアメリカのコロンバスデーと重なるため、その3連休に数日間のお休みをくっつけました。

たった1週間しか離れていただけなのに、飼い主帰宅後はおパグさんがストーカー犬と化しています。

さて。今回のニューヨーク・バケーションには母も日本から合流し、久しぶりに飼い主ファミリーが勢ぞろい!(サブ飼い主さんは、仕事の都合がつかず残念ながらお留守番でした)

10月だというのに、ニューヨークの最高気温は30度まで上がる夏日です。お天気のセントラルパークをぶらぶらしつつ、女子メンバーのみでBaccarat Hotelのアフタヌーンティーを楽しみました。

マンハッタンは小さな子供NGなレストランが多いのですが、バカラは子供もOKです。(念のため、事前にホテルへ問い合わせしました)

とにかくクリスタルのきらきらゴージャズ感が半端なく、入口からテンションが上がります。女子なら誰もが心ときめく空間ですネ。

飼い主たちは、王道なケーキとスコーンのセット「PRINCE OF WALES - An English Tea at Windsor」をチョイスしました。ぶっちゃけお味はフツーです。

サービスもお料理もコスパも、東京のシャングリ・ラ ホテルの方が良いよね・・・という結論に至りましたが、雰囲気は最高に良いと思います。肝心のお会計は、マンハッタンプライスのひとり115USD(チップ込み)。

ちなみに、どうしてこんなに辛口評価になってしまったのかと考えると、一番はお茶のセレクションだったかもしれません。

ここでしか飲めないという「バカラ・ブレンド」をお願いしたところ、まさかのCamellia Sinensisティーバッグ。Camellia Sinensisはモントリオールのお茶やさんで、飼い主もたまにお茶を購入するお店です。

バカラホテルのメニューにはCamellia Sinensisと書かれたお茶の種類も多く、飼い主はわざわざそれらを避けて選んだのですョ。が、普段使いのお茶やさんのティーバッグが出てきたことに、軽くショックを受けました Σ(|||▽||| )(妹と母が選んだお茶は、ルースティーでした)

でも!久しぶりに会った母&妹とたくさんおしゃべり出来て、とても楽しい午後でした (^○^)


おまけ

この日は店内でウェディングドレス撮影中。プリンセス好きな姪っ子1号ちゃんのテンションはマックスです。


エリスアイランド編に続きます。


にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
PR

No.125|お出かけComment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字